ウィスキーといえば?

皆で楽しくお酒を飲むのも良いですが、たまにはゆったりとした気分でお酒そのものの味を楽しみたい。
そんなときにオススメなお酒がウィスキーです。

 

ビールなどの炭酸が入ったお酒は、グラスに注いでから時間が経つごとに味が劣化する傾向にあります。
特に、日本人はビールを冷やして飲む人が多いのでそう感じやすいのです。
日本酒やワインも、時間が経つと酸化してしまうためまったりとした時間にはあまり向いていません。
ウィスキーであれば、グラスに注いでから時間が経つと味が少しずつ熟成されるのです。
ウィスキーを飲む場所といえばバーを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、
最近の居酒屋は1人で飲みに来るお客を歓迎しているお店も増えています。
もちろん、居酒屋なので他のお酒も揃えてありますし、料理の味も保証つきです。

 

国産ウィスキーがNHKのドラマで取り上げられたことをきっかけに、
現在でもウィスキーはブームとなっています。
世界のウィスキーは、造られた国によって大きく5つに分けることが出来ます。
アメリカン、アイリッシュ、カナディアン、スコッチ、ジャパニーズの5つです。
日本の名前が入っているのを意外に感じませんか?
実は、日本は世界に誇るべきウィスキー大国だったのです。
世界に自慢出来るほど美味しいウィスキーが、日本には存在しています。
飲まないのは勿体ないですよね。
そこで今回は、ウィスキーを美味しく飲みたい方のために、
各ウィスキーの味の特徴と居酒屋で試して欲しいウィスキーの飲み方をご紹介します。

 

 

ウィスキーは樽が決め手

ウィスキーは、大麦などの穀類を原料とした蒸留酒です。
蒸留酒とは、原料を発酵させて造る醸造酒を蒸留することで生まれるお酒になります。
蒸留することでアルコールが凝縮されるため、度数は高くなるのが特徴です。
ウィスキーのもう1つの特徴は、樽で熟成されていることです。
この点が、同じように穀物を用いた蒸留酒であるジンやウォッカとの違いになります。
ウィスキーには1つの蒸留所で製造されたシングルモルトと、
いくつかのウィスキーを混ぜて造ったブレンディットウィスキーという種類があります。
シングルモルトは、蒸留所や樽による独特の風味を堪能することが出来ます。
ブレンディットウィスキーは味が安定しており、ブレンドによって新たな味が生まれることもあるのです。
モルトウィスキーの製造には大変手間がかかります。
最初の工程は製麦です。
大麦に水を吸わせてから乾燥させることで、糖化しやすい状態に変化させるのです。
次は、麦芽を粉砕しお湯に浸けます。
こうすることで、発酵に必要な糖分を得ることが出来るのです。
別の容器に移したら、48時間以上かけて発酵させます。
発効した液体を醪(もろみ)といいます。

醪を2回蒸留機にかけて、蒸留液を抽出します。
抽出した液体はアルコール度数が高いので、加水して度数を
調節するのです。
最後に、樽の中で熟成させれば完成です。
樽によって風味が決まるので、蒸留所ごとに工夫を凝らしています。
居酒屋でウィスキーを飲むとき、
シングルモルトであれば樽の香りを感じられるか、よく味わってみましょう。
他のお酒にはない独特の風味が、あなたをウィスキーの世界へ導いてくれます。

 

 

更新履歴